医院長のつぶやき

髪・頭皮・育毛
  フサフサの流れるような髪に戻りたい!
なぜ頭皮のケアが必要なのか?
男女とも毛髪量が見た目年齢を左右することは事実。毛髪量を気にする患者さんを診るにつけ髪は女も男も命!…カモです。
間違ってもショーン・コネリーにはなれませんから!と訴えた私の患者さん、大丈夫です。
程度の差はあっても毛髪量が寂しくなるのは加齢の証拠。頭皮のエイジングケアは、 私も毎日行っています。
下記にご紹介したものはすべて院内でも取り扱っています。ご興味のある方はお気軽におたずねくださいね。

  いかに(私の)頭皮を育てるか?
育毛剤
頭皮は保湿が大事です。ス-ス-する育毛剤は揮発性が高く、乾燥が不安です。
お勧めは医療機関でしか入手できないナビジョンDR。血行が良くなる実感は医薬品の薬用発毛促進剤ならではです。シャンプー後に指でしっかり頭皮にすり込むだけの簡単使用です。
注射
プラセンタがベースの注射を必要に合わせて注射しています。野外で紫外線を頭皮に浴びる前には特に増量して接種しておきます。プラセンタの成長因子が増毛効果を上げてくれます。細い針で入れるので痛くありません。 男性も美肌注射、必要です。
食事
お通じ、毎日ありますか?
腸がキレイになるとサラサラで質の良い血液が全身の細胞に効率よく運ばれます。頭皮の血行もよくなります。食物繊維大事です。僕は主食を「こんにゃくライス」に変えました。整腸効果で毎朝スッキリ、糖質制限も同時にできます。
薬用育毛トニック

もの忘れ?認知症?
 
大切な方の行動や言動に戸惑うことはありませんか?
私自身、少し前に気づいたのですが携帯番号が11桁になってからは全く覚えられなくなっていました。
物覚えは職業柄、自信ががあったのに・・・。
もしや「脳内栄養不足状態」かもと思い立ち、さっそくプラズマローゲンを補給開始。
皆様の中にも最近本を読むのが苦手になってきた、やる気が出ない、
もしくは大切な方の日頃の行動に劣化を感じる、という方はおられませんか?
衰えゆく脳の働きをプラズマローゲンで補いましょう。
私自身はもの忘れを改善し、明るい気持ちになることができました。
プラズマローゲン
2粒飲むだけ
番外編…大好物
 
最近はまっているのは「ぎょにっく」です。
「ぎょにっく」とは肉のような形をした竹輪風かまぼこ(笑)です。 見た目も珍しいですが味も斬新でついついお酒がすすんでしまいます。
下関市南部町の会社で作っています。興味のある方は「ぎょにっく」で検索してみてください。